メタバリアS

メタバリアSでダイエット!アルコール飲料との関係は!?

ダイエット中でもアルコール飲料が飲みたくなるときはありますよね。

しかしダイエットにはアルコール飲料は大敵とも言われていますよね。

特に糖質制限をしている方にとってアルコール飲料の摂取は避けるようにしているという方が多いかと思います。

メタバリアSには糖の吸収を抑制する効果がありますが、メタバリアSを摂取している間はアルコールの摂取も控えた方が良いのでしょうか。

メタバリアSとアルコールの関連性とは。

<メタバリアSの摂取中はアルコールを避けるべき!?>
まずはメタバリアSの持つ機能を簡単に知り、アルコールとの関連性を見ていきましょう。

ポイント1:メタバリアSの持つ機能
メタバリアSには糖の吸収を抑える効果、腸内環境を整える効果があります。

メタバリアSに含まれるサラシア由来サラシノールが食事から摂取した糖の吸収を抑える効果があるため、糖質が気になる方や最近体型の変化が気になってきたという方に向いている商品です。

食事から摂取する糖というのは、意識していないと「こんなものにまで含まれているの!?」「こんなにたくさん!?」なんて驚くこともあるものです。

知らず知らずのうちに毎日の食事から糖を摂取して、気付いたらお腹周りが大変なことに…昨年の健康診断よりも結果が良くなかった…なんてことにも繋がることもあります。

通常私たちが食べるものの中に含まれる糖は、小腸の酵素によって分解され体内に吸収されますが、メタバリアSに含まれるサラシノールは酵素の分解を抑えて糖が吸収されにくいように働きます。

また食後30分後の血糖値の上昇を抑制する働きがあるため、血糖値が気になっている方や健康に気を付けたい方にも向いています。

ポイント2:アルコール摂取は?
メタバリアSには糖の吸収を抑える効果があるため、メタバリアSを飲んでいる間はアルコール印象を摂取しても吸収を抑制してくれるのでは!?と思った方もいるでしょう。

しかしその安心感がダイエット失敗へと繋がってしまうこともあるのです。

ビールや日本酒などのいわゆる醸造酒には多くの糖質が含まれています。

メタバリアSは過度な食事制限をしたくない方や、健康面に気を付けたい方に向き、バランスのとれた食事と共に摂取することが推奨されます。

メタバリアSを摂取しているからといって安心していつもより糖質が多く含まれる食事をしたりアルコールを摂取してしまうと意味がなくなってしまいます。

アルコール飲料の中でもビールや日本酒は多くの糖質を含みますし、アルコールの飲みすぎは体の負担となってしまいます。

メタバリアSを摂取しているからといって安心していつもどおりアルコールを摂取すると意味がなくなること、もしアルコールを摂取するのであれば糖質ゼロのものや醸造酒ではなくウィスキーなどの蒸留酒を選ぶのが良いでしょう。

<アルコールを飲まないストレスと上手に付きあうには>
ダイエット中や糖質制限をしている間は、糖質が多く含まれるアルコール印象を避けるのがベストと言えますが、アルコールが好きな方からするとストレスが溜まりますよね。

ダイエットや糖質制限中はただでさえストレスが溜まるため、このストレスとうまく付き合っていく必要があります。

いきなり過度な糖質制限をしたり食事制限をすると、その分リバウンドもしやすくなったり、体調を崩す可能性もあります。

メタバリアSを摂取しながらアルコール飲料が飲みたくなったときは、糖質ゼロのものを選んだり、量を多く飲まずきちんと量を決めて飲むなどして上手にストレスと向き合っていきましょう。

「メタバリアSを摂取しているんだからちょっとくらいいつもより多くお酒を呑んでも良いでしょ!?」と考えるのではなく、「メタバリアSを摂取して今日も体に気を使っているんだから、ご褒美に少しだけ呑もう」というように考え方を少し変化させてみるのもおすすめです。