メタバリアS

メタバリア葛の花イソフラボンはいつ飲むのがベスト!?

富士フイルムから販売されてサプリが気になっているという方は多いでしょう。

それもそのはず、富士フイルムから販売されているサプリは口コミ評価も良く、良質であることでも知られているからです。

今回は富士フイルムの中でもメタバリア葛の花イソフラボンに注目し、いつ飲むのがベストなのか、どんな飲み方をすると効果的なのかを調査していきます。

メタバリア葛の花イソフラボンの愛用者の声もチェックしていきます。

<メタバリア葛の花イソフラボンはいつ飲むのがベスト?>
富士フイルムからは多くのサプリが販売されています。

メタバリアシリーズには、メタバリアS、メタバリアプレミアムS、葛の花イソフラボンがあります。

葛の花イソフラボンは紫のパッケージなので、買う際は覚えておくと良いですね。

とは言えメタバリア葛の花イソフラボンは、実のところ通販限定商品のため店頭で他のメタバリアシリーズと混同してしまうという心配はないのです。

葛の花イソフラボンは他のメタバリアシリーズと同様機能性表示食品ですが、どんな効果があるのかもおさえておきましょう。

ポイント1:メタバリア葛の花イソフラボンはどんな人向け?
葛の花イソフラボンはBMIが高めの方、お腹の脂肪が気になる、健康的に体重を減らしたいという方に向いているサプリです。

葛の花イソフラボンという成分をあまり聞き慣れないという方もいるかと思いますが、葛の花イソフラボンには肥満気味な人の体重や、お腹の脂肪(内臓脂肪、皮下脂肪)を減らす機能が報告されています。

またこの葛の花から抽出した成分によって、体内の脂肪の分解と燃焼を促進することができます。

おなかの内臓脂肪面積の変化量で、葛の花由来イソフラボンがおなかの内臓脂肪に変化を及ぼすかどうか、非配合商品と比べた結果を公式サイトで公開しているのですが、それによるとおなかの内臓脂肪の面積が3ヵ月で約8㎡減少。

同様の条件で皮下脂肪の面積結果も3ヵ月で約13㎡減少したと報告されています。

健康診断で肥満気味、メタボと指摘された方や、BMIの数値が気になっている方の味方となってくれるサプリと言えます。

ポイント2:いつ飲む?
葛の花イソフラボンの1日の摂取目安量は4粒です。

水やぬるま湯と一緒に飲むだけで良いので他のサプリと特に変わりはありません。

しかしいつ飲むのが良いのか、飲むタイミングによって効果が変わってくるというような指示も特にありません。

メタバリアSを例にあげると、メタバリアSの場合は食事の前に飲むことでその後にする食事の糖の吸収を抑える効果があります。

そのため食後に飲むのでは意味がなくなり、必ず食事の前の摂取が呼びかけられているのです。

しかし葛の花イソフラボンはいつ飲むのでも良く、特にこの時間じゃないと意味がない!ということはありません。

また一度に4粒を飲むことがおすすめされているため、1日の中でどのタイミングで4粒を飲むか決めておくと良いかもしれませんね。

<メタバリア葛の花イソフラボンの愛用者の声が知りたい!>
葛の花イソフラボンは内臓脂肪や皮下脂肪に対して効果があるとされていますが、お腹の脂肪だけではなく実際に体重が減ったという報告もあるようです。

実際に葛の花イソフラボンの愛用者はどのような効果を実感しているのかをチェックしていきましょう。

◎葛の花イソフラボンを飲み始めてから積極的にウォーキングをしたり食事にも気を付けるようになり、調子が良く感じる
◎摂取して半年経つがはっきりとした効果を実感できた
◎お腹周りに効果がある気がするし、富士フイルムの商品なので安心感がある
◎1ヵ月試してみたが特に効果はなかった
◎短期間ではすぐに効果は感じられない

調子が良くなったという声が多く、葛の花イソフラボンを飲み始めたことで食事に気を付けるようになったり運動をするようになったという意識革命ができたという声も多く見受けられました。

サプリにだけ頼るのではなく積極的に自ら実行するというのは非常に重要なことですよね。

また中には、
◎いつ飲むようにという記載がないのは仕方ないかもしれないが、いつ飲むのが良いのかということを教えてほしい

という口コミもありました。

メタバリアSのように食事の前に飲むと効果的といったような記載がないため、いつ飲むべきなのか迷ってしまうという方もやはり多いようですね。

富士フイルムではいつ飲んでも良いとしていますが、4粒一緒に飲むことをおすすめしているため、いつ飲むのかよりも1日の摂取量を分けて飲まないということを覚えておくと良いですね。