メタバリアS

【妊娠中は!?】メタバリアSの服用対象者を知っておこう。

妊娠中でも毎日飲んでいたサプリを継続して飲みたいという方は多いでしょう。

特に妊娠中に体重が増加してしまい、医師から注意を受けた方などはどうやって体重を減量または維持しようかと悩むこともあるでしょう。

メタバリアSはダイエット効果を実感できたという方や、便秘解消に役立ったという声も多く聞こえる商品です。

そんなメタバリアSは妊娠中でも飲むことはできるのでしょうか。

メタバリアSの対象者を知っておきましょう。

<妊娠中でもメタバリアSは飲めるの?>
メタバリアSにはサラシア由来サラシノールが含まれ、この成分によって食事の糖の吸収を抑えたり、腸内環境を整えたりすることができます。

メタバリアSを飲んでいれば自然と痩せるというようなものではなく、バランスの良い食事と適度な運動を心がけることが大事となります。

痩せたい、便秘を解消したいからといって下剤に頼ったり、過度な食事制限をしたりするとたちまち体調を崩してしまうこともありますよね。

メタバリアSは毎食前に摂取することで、次にする食事の糖の吸収を抑制します。

毎食バランスよく食べている方は毎食時のメタバリアSの摂取量を変えなくても良いと思いますが、昼に多く食べる傾向にある、夜に多く食べる傾向にあるという方は、多く食べる食事の前にメタバリアSを多く飲むよう調整することもおすすめです。

しっかりと食事をしてこそメタバリアSの機能が発揮されるため、食事はバランス良く摂るようにしましょう。

メタバリアSには下剤の効果や体重が激減するような成分は入っていませんが、妊娠中でも飲むことはできるのでしょうか。

メタバリアSは妊娠中や授乳中の方の利用は控えるようにと注意喚起がされています。

また疾病の診断や治療、予防を目的とした商品として扱ってはいけないので、これを飲めば糖尿病が緩和する!などと思うのは危険とも言えます。

糖尿病の薬を服用している方や通院中の方は、医師に必ず相談をしてからメタバリアSを飲むようにしましょう。

妊娠中でも便秘が気になったり血糖値が気になることもあると思います。

しかし自己判断でこうした商品を摂取するのは危険とも言えます。

妊娠中や授乳中はいつもと体調も異なりますし、無理をすることは禁物なので医師から処方された薬以外は必ず医師に相談をしてから摂取するようにしましょう。

<メタバリアSは飲みやすい?>
メタバリアSは妊娠中の摂取は控え、授乳が終わってからまた改めて摂取するようにしましょう。

そんなメタバリアSは女性やサプリまたは薬などが苦手な方でも飲みやすいように、一般的なサプリよりも粒が小さくできています。

たまに大きなサプリや薬ってありますよね。

飲み込むのに苦労したり飲み込むのが苦手な方にとっては苦痛以外の何物でもありませんよね。

メタバリアSはそうしたところにも気を使い、1日8粒という目安量を飲みやすいように自分で調整しながら飲むことができます。

メタバリアSは1 日8粒の目安量を1回の食事で摂るのではなく、食事毎に分けて飲むようになっています。

1回あたりの摂取量は2〜4粒を目安として、食前に水と一緒に飲みましょう。

どうしても食前に飲むのを忘れてしまうという方は、食事のすぐ前や食事中に飲んでも問題はありません。

しかし食後に一息ついてから…というのはメタバリアSが持つ効果を十分発揮することができないので避けるようにしましょう。

毎食時の前に飲むということを習慣付けていれば飲み忘れを防止することができます。

ボリュームのある食事の前は少し多めに飲もうなどと考えている方は、1日分の目安摂取量を超えることなく、今日は何錠摂取したかなど覚えておくようメモなどしておくと良いですね。

特に苦みもなく小粒で飲みやすいメタバリアSで、毎日の食事に罪悪感を感じることなく健康に気をつけていきたいものですね。