メタバリアS

効果的な飲み方を知ってメタバリアSの効果を実感しよう!

サプリにも薬にも効果的な飲み方が存在しています。

「あまり効果を実感できない」「正しい飲み方が出来ているのか不安」という方も少なくないでしょう。

病院で処方される薬の場合は薬剤師さんから薬の飲み方を説明してもらえますが、サプリの場合は説明書を読んで飲むほかありませんよね。

メタバリアSは薬ではないため説明書をよく読んで飲み方を知る必要があります。

ここではメタバリアSの効果的な飲み方を見ていきます。

<メタバリアSの効果的な飲み方を知ろう!>
どうせ飲むならメタバリアSの効果を実感したい!と思う方がほとんどでしょう。

メタバリアSの愛用者の声を見てみると、効果を実感できたというものが多く見受けられます。

実際に効果を実感できている方はどんな効果的な飲み方をしているのか知りたいですよね。

「薬じゃないからいつ飲んでも良いんでしょ!?」と思われがちですが、メタバリアSは食事との関連性が非常に大きいためいつ飲んでも効果を実感できるというわけではないのです。

ではいつ飲むのが効果的な飲み方となるのかをチェックしていきましょう。

ポイント1:効果的な飲み方をするキーワードは食事
メタバリアSは糖の吸収を抑えること、腸内環境を整える効果があります。

よく耳にする“血糖値”は空腹時と食後で数値が異なります。

食べ物が消化されて作られるブドウ糖が腸内で吸収され、血液中に入っていくため食後は血糖値が高くなる傾向にあります。

上がった血糖値は、通常膵臓からでるインスリンというホルモンの作用で肝臓や筋肉などにブドウ糖が取りこまれます。

そうすることで血糖値が下がるのですが、糖尿病などを患っているとインスリンの量が少なくなったり、力が弱まり血糖値が下がらずに高い状態が続いてしまうのです。

血糖値が高い状態が続いてしまうと血管へのダメージが行きわたり動脈硬化の原因となり、心筋梗塞、脳梗塞を引き起こしてしまうこともあるのです。

メタバリアSにはサラシア由来サラシノールが含まれ、この成分が食後30分後の血糖値の上昇を抑制する作用があります。

この仕組みは小腸の酵素によって分解されて体内に吸収される糖をサラシノールによって酵素の分解を抑え、食事から摂取した糖が吸収されにくいように働きかけることで血糖値の上昇を抑制することに繋がります。

そのため血糖値の上昇を気にしている方や生活習慣病の方、肥満気味の方などから特に支持を得ているのがメタバリアSなのです。

ポイント2:効果的な飲み方
メタバリアSと食事から摂取した糖が大きな結びつきがあるということがわかりましたが、ではいつ飲むのが効果的なのかを見てみましょう。

メタバリアSは食事の前に飲むのが効果的と言われています。

1日当たりの摂取目安量は8粒なので、1日の食事の回数に合わせて2〜4粒を分けて飲むようにします。

1日3回食事をする方の場合、3食バランス良く食べる方は朝2粒、昼3粒、夜3粒など1回の量を決めて飲むことがおすすめされます。

昼にたくさん食べる、夜にたくさん食べるなど人によって食事量には変化があると思いますが、その場合は朝2粒、昼2粒、夜4粒などと食事量が増えるときに多めに飲んだりと変化を付けることもおすすめです。

いずれにしても重要なのは、食事の前に水かぬるま湯で飲むということです。

メタバリアSは食事の糖の吸収を抑えるため食前の摂取が効果的な飲み方となりますが、食事の直前や食事中に飲んでも良いとされています。

どうしても食前に飲むのを忘れてしまうという方は、食事と一緒に摂取するのも良いでしょう。

大事なのは継続して飲むということなので、食後にならない範囲で自分が摂取しやすいタイミングで続けていきましょう。

<メタバリアSを飲んで効果を実感した!>
実際にメタバリアSを食前に飲んでいる方の声をチェックしてみましょう。

●食べる前に飲むことが習慣になっているので、忘れることなく飲める
●食べることが好きなので糖の吸収を抑えてくれるのが嬉しい
●メタバリアSを飲みはじめて軽い運動もするようになった
●極度な食事制限はせずに好きなものをバランスよく食べられる
●メタバリアSを飲まないと食事が始まらないほど習慣になっている

食事の前に飲むのを忘れないかと心配な方もいるかと思いますが、毎日食事をするようにメタバリアSを飲むことを習慣にしてしまえばいつの間にか欠かせない存在となるでしょう。

「メタバリアSの効果的な飲み方はいつだっけ?」と忘れそうになったらメタバリアSの持つ機能である“糖の吸収を抑えること”を思い出し、食前に飲むことを思い出してくださいね。